札幌北法人会

事業報告書(平成28年度)

平成30度:事業報告

自 平成30年4月1日
至 平成31年3月31日

 

当法人会は、平成25年4月1日に公益社団法人に移行し、@税知識の普及、納税意識の高揚、税の提言に関する事業、A地域企業の健全な発展に資する事業、B地域社会への貢献を目的とする公益的な事業とともに会員の福利厚生及び交流に資する事業を行ってきた。
具体的には、税に関する研修会・講演会の開催、租税教室・税に関する絵はがきコンクール等の税の啓発活動、中小企業の経営安定に向けた税制改正提言事項の取りまとめと提言活動、地域企業の経営支援のための各種セミナーの開催、地域に密着した社会貢献活動等の公益事業を実施してきた。また、会員のための経営者大型保障制度等の福利厚生制度の普及推進と総会懇親会、新年賀詞交歓会等の会員交流事業を行ってきた。
組織面においては、会員増強特別委員会のほか地区横断型の役員懇談会を開催し、理事等役員最低1社の会員増強目標の達成を要請するなど会員増強運動に取り組み、202社の新入会員を迎えることとなった。

 1.税知識の普及を目的とする事業

会員並びに非会員、一般市民等を対象に、税知識の普及を目的として次の研修会等を
開催した。
(1)新設法人税務研修会(3回開催)
(2)年末調整説明会(2回開催)
(3)法人税申告書の作成実務研修会(1回開催)
(4)租税教室(6回開催)
(5)改正税法等の税務研修会(8回開催)
(6)税務参考図書等の配付(3回実施)
(7)税金クイズ、税の紙芝居の上演(4回実施) 

 2.納税意識の高揚を目的とする事業

(1)税に関する絵はがきコンクール
  管内の小学校4〜6年生を対象に、税の役割や使い途等を学んでもらうことを目的と
  して、税に関する絵はがきコンクールを、全法連・道法連と連携して実施した。
  本年度は20団体から589点の応募があり入選作品49点を表彰、優秀作品をホーム
  ページにアップするとともに5ケ所で作品展を開催した。
(2) 青年部会創立30周年記念特別講演会等の開催
  本年度、札幌北法人会青年部会は創立30周年を迎え、記念式典に先立ち、経済
  ジャーナリスト須田慎一郎氏を講師に招き特別講演会を開催した。
  演題は「日本経済のゆくえ」とし、税制上の人的控除や年金受給の改正を軸とする
  働き方改革と一億総活躍社会に向け法整備が図られる中、働く主婦と前期高齢者
  を対象とするビジネスモデルの構築を推奨した。
  講演は一般を含む227名が受講した。
(3)税務署長講演会の開催
  「税を考える週間」の協賛行事として、他の税務関係3団体と共催で札幌北税務署長
  による講演会を開催した。
(4)広報誌及びホームページによる税情報の発信
  管内の法人を対象に、税情報の発信を目的として、広報誌「礎」を年3回発行した。
  ホームページでは、税の最新情報を公開したほか、全法連が企画しその活用を国税
  庁が後援する「自主点検チェックシート」のバナー設置、マイナンバー制度等に係る
  税務関係機関等へのリンク、インターネットセミナーの視聴、広報誌の視閲、講習会・
  研修会への案内を行った。

 3.税制及び税務に関する調査研究並びに提言に関する事業

(1) 税制改正提言全国大会・全道大会  
  中小企業の租税負担の軽減と事業承継税制の簡素・合理化等税制に関する提言を
  全法連、道法連と連携して取りまとめるとともに、10月に鳥取市で開催された全国大
  会に代表が参加した。
(2)税制改正について関係機関への提言
  全国大会で採択された税制改正提言事項について、平成30年12月に地元選出の
  国会議員に対し提言書を手交した。
(3)全国・全道青年の集い
  全国・全道の青年経営者等が集い、租税教育の充実、地域企業、地域社会の健全
  な発展等の目的を達成するための意見交換の場として、6月に釧路市で開催された
  全道青年の集い、11月には岐阜市で開催された全国青年の集いに代表が参加した。

(4)全国女性フォーラム・女性部会全道大会
  全国・全道の女性経営者等が集い、税の啓発活動の充実、地域企業、地域社会の
  健全な発展等の目的を達成するための意見交換の場として4月に山梨市で開催さ
  れた全国女性フォーラム、10月に函館市で開催された女性部会全道大会に代表が
  参加した。

 4.地域企業の健全な発展に資する事業

(1)経営戦略、労務管理、企業会計等のセミナーの開催
  管内の全法人を対象に、経営・労務管理・簿記会計・税務・社会保険・新入社員研修
  等のテーマで年7回開催(札幌五法人会共催)した。
(2)インターネットセミナー
  管内の法人及び一般市民を対象に、経営、税務等幅広い内容のセミナーを無料で視
  聴できるインターネットセミナーを配信した。

 5.地域社会への貢献を目的とする事業

地域社会への貢献活動については、北区少年少女スポーツ大会の共催、北区・東区に
おける冬季間の歩行者用砂箱の設置等を実施した。
当別支部においては、支部創立55周年を迎えたことから、記念事業として公共施設に
AED3台、交通安全協会へ貸出用チャイルドシート5台を寄贈した。
また、石狩支部では、放課後児童クラブ3か所と石狩市民図書館に書籍等の寄贈を行
い、石狩北支部では厚田区と浜益区の特別養護老人ホーム2カ所に発電機を社会福
祉協議会に、新篠津支部では、新篠津村高等養護学校木工科にイベント用フラットベ
ンチ20脚を発注し、新篠津村に寄贈したほか、商店街にイルミネーション一式を寄贈し、
街の賑わいを演出した。

 6.会員の交流に資する事業

(1) 会員相互の親睦や異業種交流を図ることを目的に総会後の懇親会、新年賀詞交
  歓会等の会員交流事業を開催した。
(2) 健康増進と会員の交流のため春・秋の親睦ゴルフ大会とパークゴルフ大会を実施
  した。
(3)10月11日(木)開催の第35回法人会全国大会(鳥取大会)の参加に併せて足立美
  術館、出雲大社、鳥取砂丘、国宝姫路城など研修旅行を実施した。
(4)新会員税務研修会に併せて新会員紹介者を交えた懇談会を開催し、名刺交換及び
  壇上における自社PRなど会員交流の場を提供した。

 7.福利厚生等に資する事業

(1)経営者大型総合保障制度の普及推進
  大同生命保険(株)・AIG損害保険鰍ニ提携したこの保険制度は、経営者や従業員の
  病気・事故による死亡・高度障害・入院等、国内外を問わず保障する法人会会員だけ
  の独自の厚生制度であり、普及推進のため役員による紹介運動等を実施してきた。
(2)ビジネスガードの普及推進
  この保険制度は、企業の様々なリスクをサポートする「業務災害総合保険」、「企業向
  け火災保険」、「事業総合賠償責任保険」からなる保険であり、会員企業防衛のため
  AIG損害保険鰍ニ提携してチラシを全会員に配布するなど普及推進に努めた。
(3)がん保険制度の普及推進
  この保険制度は、「生きるための保険」、「医療保険」、「介護保険」、「死亡保険」からな
  る保険で、アフラックと提携して普及推進に努めた。
(4)貸倒保障制度の普及促進
  取引先への売掛金債務不履行が生じた場合の保険制度については、会員企業の経
  営の安定化のため三井住友海上火災保険鰍ニ連携して、普及促進に努めた。
(5) 日ハム戦 観戦チケットプレゼント事業
  北海道のプロ野球球団であり、管内に練習場もある北海道日本ハムファイターズの
  応援のための観戦チケットプレゼント事業については、シーズンシート4席を試合ご
  とに2組(1組2名)の会員企業に抽選で提供し、観戦応援をしていただいた。
(6)コンサートチケットの斡旋
  会員企業の福利厚生の支援として、芸能人等のコンサートチケットの斡旋を2回行った。

 8.組織・財政の充実に資する事業
(1)組織の充実
  組織の充実強化については、より多くの会員が積極的に法人会の事業へ参加でき
  る体制とするため、当法人会の基盤である地区・支部組織の活性化を目的に地区
  会等を開催した。
(2)会員増強
  会員増強については、厳しい経済環境の中、減少傾向に歯止めをかけようと危機
  感を持って取組み、全法連が新たに企画した特別増強月間(6月)に対応するとと
  もに、通年運動に加えて9月から12月の4か月間を会員増強特別月間として会員
  増強運動を展開した結果、202社(他法人会への加入25社を含む)の新会員をお
  迎えすることとなった。

△ページトップへ戻る